《デリヘル情報メニュー》デリヘル嬢の気分を高める

女性が到着をしたら、部屋に備え付けのお茶とお菓子を出してあげて、10分程度雑談をして楽しみましょう。
あなたのちょっとした心遣いで女性もリラックスすることが出来て、サービス内容も大きく変わってくることでしょう。
今一番ノリにノッている風俗と言えばデリヘルであり、貴方が望む場所に可愛い女の子を派遣してもらうことが出来ます。
上手に割引制度などを利用することによって、普段よりもお得な料金で女の子と遊ぶことが出来るので是非利用をしてください。
女性が部屋に到着して、すぐにプレイとなると、女性にしてみたら全くリラックスをすることが出来ないのです。
初対面のお客様と合って緊張がとけないままプレイに入ると、十分なサービスを受けることが出来ないこともあるので注意してください。
デリヘルは女性と二人きりになって、恋人気分を味わうことが最大の楽しみ方となります。
しかし恋人気分を味わうためには女性の気分を、きちんと盛り上げないといけないのです。

 

風俗へ
http://www.asoviva.jp/



《デリヘル情報メニュー》デリヘル嬢の気分を高めるブログ:2018/8/14

こんばんわです^^

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した娘たちが
「Trick or treat?(おやつをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおやつメーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したおやつではなく、
おやつという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

チーズケーキはもちろんのこと、
お煎餅や団子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

娘たちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
スロバキアではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおやつもその言葉だけで
娘たちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

――――――以上を持ちまして今日の報告は終了です。