《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケート

《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケート


《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケート
デリヘルの女性は、お客様の爪が伸びていないかどうか、最初にチェックをしています。
爪が伸びているお客様には、プレイ前に切るように言われることもあるので注意しましょう。
勘違いをしている人も多くいますが、デリヘルというのは何も違法で営業をしている風俗ではありません。
しっかりと営業許可を申請することによって合法的に営業をすることが出来る健全な風俗なのです。
女性に愛撫をする時に爪が伸びていたら、女性の敏感な部分に傷をつけてしまうこともあります。
デリヘルの女性にとりましては、その下半身の部分というのは商売道具なのですから傷をつけることなくしっかりと爪のケアをしておきましょう。
デリヘルでは女性ももちろん、こちらを攻めてくれますが、こちらが女性を攻めるのも楽しいです。
女性のおっぱいを舐めたり触ったり、さらには下半身を愛撫して、女性を絶頂に達してあげるのも喜んでくれることでしょう。




《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケートブログ:2018/10/11

オレは息子の頃、音痴と言われ、
歌の恐怖症になった。

「蛍の光」「仰げば尊し」「君が代」に至るまで、
オレは歌ったことがない。
みんなの歌声に合わせて、クチをパクパクさせるだけだ。

コンプレックスはとうに通り過ぎ、
オレは歌うこと自体が恐ろしかった。

そんなオレに小学生の孫むすめが言う。
「オレ、おばあちゃんの歌、聞いた事がない」

胸がドキリとした。
オレは話を逸らそうとしたが、そうはいかない。

「あばあちゃん、何か歌って」と何度もせがむ。
どうしても、オレの歌を聞きたいらしい。

旦那もむすめも、オレが絶対に歌わないことを知っている。
だが孫のためなら何でもするオレ…
固唾を呑んで、成行きを見守っている。

…歌ってあげたいが歌えない。
切ない思いで「今日はごめんね、練習しておくから」と逃げた。

「ホントに練習しといてね」
孫むすめはクチをへの字にして、がっかりしていた。

オレは、
これまでカラオケに誘われても行ったことがない。

ところが、
ある飲み会の後、強引に連れて行かれた。
クチにマイクを押し当てられるものの、声が出ない。
ただ、ひたすら聞くだけだ。面白く無い…
やっぱり来なければ良かった。

その時、ふと思った。
ここに居る、あの人も、この人も、
大して上手いとは思えないが平気で歌っている。

あの天真爛漫さ、勇気は何処から湧いて来るのだろうか。
羨ましい…オレもあんな風に歌ってみたい。

オレは本当に音痴なのだろうか。
息子の頃、どんな歌を歌って音痴と言われたのかは記憶にない…

ただ「音痴」と言われた言葉だけが、脳裏に焼き付いている。
《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケート

《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケート

★メニュー

《デリヘル情報メニュー》悪徳行為をしている業者の見分け方
《デリヘル情報メニュー》女の子の嫌がる行為はしない
《デリヘル情報メニュー》遠慮しないでチェンジをしよう
《デリヘル情報メニュー》デリヘル選びにはインターネットを利用
《デリヘル情報メニュー》女の子の身体はとってもデリケート
《デリヘル情報メニュー》トイレやお風呂も事前に掃除
《デリヘル情報メニュー》最近の悪徳業者の手口
《デリヘル情報メニュー》デリヘル嬢の気分を高める
《デリヘル情報メニュー》全ては挨拶から始まります
《デリヘル情報メニュー》情報サイトを信じ過ぎるのは駄目


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)素晴らしいデリヘルガイダンス