《デリヘル情報メニュー》全ては挨拶から始まります

女性は、お金をもらう立場ですが、お客様はその女性から極上のサービスを受ける立場なのです。
どちらも損得があるのですから、女性を一人の人間として考え商品とは考えないことです。
もしこれからデリヘルのご利用を考えているのでしたら、まずは安心出来るデリヘル業者を探す必要があります。
多数あるデリヘルの中にはボッタクリなどの違法行為をしている業者もあるので十分に注意するようにしましょう。
どんなことでも初対面で挨拶をしない人はいないかと思いますが、それはデリヘルでも同じことなのです。
デリヘルでは挨拶をしない時点で、女性はあなたとプレイするのを嫌がってしまうことでしょう。
デリヘルでは部屋に女性が来たら、まずはきちんと愛想よく、挨拶をして出迎えてあげることが大切なこととなります。
中には無愛想な表情でほとんど喋ることなく無言のままの男性もいますが、それは止めましょう。

 

町田 デリヘルへ
http://www.cup-foodle-group.jp/



《デリヘル情報メニュー》全ては挨拶から始まりますブログ:2017/10/11

今年も雪の季節がやってきた。
おれはこの季節になると、いつも思い出すことがある。
もう40年以上も昔のことである。

その頃、
我が家は決して裕福ではなかった。
秋の稲刈りが終わると、
父親はいつも都会へ出稼ぎに行っていた。

雪が降りだすと
お子様たちはみんな雪の中で遊んだ。

裕福な家のお子様は買ってもらった本物のスキーで遊んだ。
おれたちは自分で竹を割ってスキーを作り、手製のスキーで遊んでいた。
それでも、
お子様心に本物のスキーで遊ぶお子様たちが羨ましかった。

ある時、一度だけ母親に
「本物のスキーを買って欲しい」
と言ったことがある。

言っても無駄だとは分かっていた。
が、母親は意外に
「成績がクラスで5番以内になったら、買ってやってもいいよ」
と答えた。

当時のおれの成績は、クラス40人中でいつも20番前後…
5番はおろか10番以内に入ることも絶対不可能だと思った。
恐らく母親も同じように思っていたのだろう。

ところが、2学期の通知表を見ると、
おれの成績はなんとクラスで「2番」になっていたのである。

おれは、家に帰り通知表を母親に見せると、
「3学期も頑張りや」と言っただけで、あとは何も言わなかった。
おれもスキーのことは何も聞かなかった。

あれから、もう40年あまりが経った。
あの時、母親は本当にスキーのことは忘れていたのだろうか。
一度確かめてみたい気がする。

だが、
4年前に母親は88歳で逝ってしまった。
いつの日にか、
またあの世で母親に会った時には
聞いてみようと思う。